みらいの家計に役立つコラム

復職のチャンスは今!新しいキャリアをスタートし、家計に貢献しよう

復職のチャンスは今!新しいキャリアをスタートし、家計に貢献しよう

結婚や出産を機に退職し、子どもが小さいうちはまだまだ働けないと考える人は多いかもしれません。でも、復職は早ければ早いほど有利です。今すぐ復職したほうがいい理由、そのために必要な心構えなどについて、十人十色の働き方を、みんなでつくるプロジェクト「iction!(イクション)」の事務局長 二葉美智子が、ファイナンシャルプランナーの氏家祥美さんにお話を伺いました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする


みらいの家計を5分でシミュレーション

今すぐチェック

いざ働こうとすると、さまざまなハードルが現れる

イクション事務局長 二葉(二): 出産を機に仕事を辞める女性は、今も5割近くいます(※1)。小さな赤ちゃんのお世話をしていると毎日がとても忙しく、仕事のことなど考える余裕もないまま、あっという間に1年、2年と過ぎていきます。パートナーも「無理をして働かなくてもいいよ」と言ってくれたりするので、しだいに家事と育児に手いっぱいな毎日が当たり前になっていくのかもしれません。

氏家さん(氏): 本当にそういう人、そういうご家庭は多いですよね。でも、それでいいのでしょうか? ファイナンシャルプランナーとして、たくさんの家計相談に乗ってきましたが、住宅ローン、子どもの教育費、老後資金まで考えると、専業主婦家庭は資金不足になるケースが多いです。長期的な家計のシミュレーションをしないまま、子どもを私立幼稚園に通わせたり、たくさんの習い事に行かせたりして、支出は増える一方。それでもお子さんが小さいうちは、目先の家計は何とかなっているのですが、そうして復職を先延ばしにしているうちに教育費のピークに差しかかって、家計は一気に厳しくなります。

: とはいえ、復職しようとすると、いろいろな壁を感じることもあるのでは?

: そうですね。まず就職セミナーや面接に行くのに子どもの預け先がなかなか見つからず、つらい思いをしますよね。やっとの思いで行った面接で「子どもが小さい」と伝えると、「大丈夫なの?」「本当に働けるの?」といった否定的な言葉に自信がなくなることも。また、パートナーの理解がなく、「え? 働くの?」という感じで他人ごとのように扱われると、どんどんつらくなります。

: 確かに。めげてしまうこともあるかもしれません。

: そんなときはパートナーを味方につけましょう。夫婦共に働くことが家計の面でも必要不可欠だとお互いに実感し、「仕事も、家事や育児も、協力して一緒にやっていこう」と足並みをそろえられると、前向きな気持ちになれると思いますよ。

家族で将来を考えるきっかけに。働き方もあわせてシミュレーションできる!

5分で簡単入力!【iction! みらい家計シミュレーション】はこちら

できない理由を探すよりできることを探そう

: いろいろなハードルがあるなか、復職できる人とできない人の違いはどんなところにありますか?

: 復職できない人は、できない理由を延々とあげがちですね。「小1の壁」、「小4の壁」、中学受験、それが終わると年齢やブランクの長さ。働けない理由ってあげだしたら切りがなくて、全てがそろうタイミングなんて、じつはないのです。一方、復職できる人は、ささやかでも自分ができることをあげて、1歩ずつ進んでいきます。「今、何ができるか」に目を向けて、できることから始めてほしいですね。

: 「専業主婦でいるほうが制度面でお得」という考えがありますね。働くとしても、扶養控除の範囲内で働きたいという人はまだまだ多いようですが、それについてはどうお考えですか?

: 扶養控除は、何かの事情でめいっぱい働けないときなど、収入が微妙なラインになる場合の判断材料でしかありません。復職したばかりで長時間働けない時期などは、扶養制度をかしこく使うとよいでしょう。しかし、年収150万円以上をめざせるなら、それ以上は稼げば稼ぐほど家計にとってプラスになるので、扶養の壁を越えたほうが長期的には得です。また扶養控除自体、今後制度が変わる、なくなるという可能性もあります。体が元気で働けるなら、扶養控除にこだわる必要はありません。

: 新しいキャリアをいい形でスタートするためのアドバイスをいただけますか?

: 久しぶりの復職は勇気がいるものです。自宅から近い職場や、短時間から始められる仕事など、手軽なものから始めるといいでしょう。でも、その一方で自分のやりがいや長期的な目標を見つけることも、ぜひ心がけてください。働くことに慣れてきたら「10年後、20年後にはこうなりたい」という夢を持ち、少しずつキャリアアップしながら、理想の仕事に近づいていけるといいですね。

※1 国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査」(平成27年)より

ファイナンシャルプランナー
氏家祥美さんからの
アドバイス

「iction!みらい家計シミュレーション」なら、「いつ、どれくらいお金がかかるか」、「どれくらいの過不足があるのか」が一目でわかります!いつから働くか迷っている人は、復職のタイミングを何パターンかシミュレーションして比較することもできますよ。

5分で簡単入力【iction!みらい家計シミュレーション】はこちら

2017年5月取材

2019年11月一部加筆修正

お話を伺った方

氏家祥美さん

ファイナンシャルプランナー

女性のためのお金と仕事の相談室「ハートマネー」代表。女性活躍応援FPとして、働き方や夫婦・親子関係も含めたマネーアドバイスが好評。お金・仕事・時間のバランスのとれた幸福度の高い家計を追求。自身も2児の母。

インタビュアー

二葉美智子

リクルート イクション事務局長

リクルートグループ横断プロジェクト「iction!(イクション)」の事務局長。
プロジェクト開始から4年。iction!は、「はたらく育児の応援プロジェクト」から「十人十色の働き方を、みんなでつくるプロジェクト」へと歩みを進めます。

iction!についてはこちら

「iction!みらい家計シミュレーション」は、リクルートグループiction!プロジェクトの一環としてリリースされました。

家計と働き方のシミュレーションが簡単にできる!

iction!みらい家計シミュレーション